電子書籍サービス

電子書籍は目が疲れる?目に悪いのは本当?本当のところを徹底解説。

皆さんの中には「電子書籍って手軽でいいけれど、目が疲れるのではないか」と思っている人も多いのではないでしょうか?

私も実際にそうでした。

電子書籍って液晶なので、パソコンで作業をして、また液晶で電子書籍で本を読むなんて…と思っていました。

紙の本のほうが目が疲れない、紙の本のほうが安心と思っている人もいると思います。

そこで、電子書籍は目が疲れる?と悩んでいる方に本当のところを徹底解説したいと思います!

電子書籍は本当に目が疲れる?実際は紙の本と変わらなかった!

f:id:yunayunatan:20190215143258j:plain

 

一般的に、紙の本は、液晶に比べて目が疲れない…と考えられていますよね。

私もそう思っていました。ただ、最近になって、この点での眼に関するプロフェッショナルである検眼医が興味深い論文を発表しています。

今まで電子書籍と紙の本は、特性に明確な違いがありました。

ただ、「目の疲れやすさ」、言い換えれば「眼精疲労」という視点では、液晶は常に「目に悪い」というイメージから手を出さずにいる方もいます。

ただ、今は読書デバイスとしてのタブレットやスマートフォンが台頭していて、eBookJapanや、読み放題サービスなど、多くの電子書籍サービスがあります。

このため、そろそろ実データで検証すべき時代なのでは?と言われています。

Opthalmic and Physiological Opticsに9月に掲載された論文の研究結果から。

f:id:yunayunatan:20190215145530j:plain

実は、眼に関するプロフェッショナル、Optometrist(検眼医)が出した興味深い研究が存在します。

Opthalmic and Physiological Opticsに9月に掲載された論文で、これはある研究室での調査結果がまとめられたもの。

10人の被験者から成るグループが液晶(初代iPad)と電子ペーパー(ソニーPRS-600)のどちらかで数時間読書し、その後、文字検索タスク、読書スピード、瞳孔対光反射といった客観的方法によるテストのほか、眼精疲労と全般的疲労の度合いについてデータをとっています。

その結果は、2種類のディスプレイでの読書に大きな差は認められず読書スピードについても実質的には同一だったそうです。

電子ペーパーと液晶に「眼の疲れやすさ」には差がない

f:id:yunayunatan:20190215143336p:plain

このように、実は電子ペーパー(紙の本)と液晶で、目の疲れやすさには差がないと考えられています。

ただし、もしかすると、人によって紙の本で慣れていて、液晶にあまり慣れていない場合には「重量」などで疲れてしまうとも言われています。

このあたりは個人的な感覚なので、疲れてしまうケースには差があります。

でも、研究結果で、読書スピードや疲労度は変わらないという結果が出ていますので、必要以上に「目が疲れてしまうので、液晶は避けるべき」と考えなくても良いと言えるでしょう。

また、最近のデータでも新たに電子書籍を始めた人が「予想以上に目が疲れない」という人が多いです。実際に使ってみると予想以上に目が疲れないので、疲れるというのはイメージに過ぎないとも言えます。

多くの電子書籍端末には「疲れ目になりにくい工夫」がある

f:id:yunayunatan:20190215143349p:plain

例えば、電子書籍端末も、最近では、ブルーライト軽減アプリを使うことによって、画面をナイトモードにすることが出来ますし、画面の明るさを調整することができます。

また、字の大きさを調整することもできるため、極力目にストレスをかけずに、電子書籍を読むことができます。

実は紙の本よりも、電子書籍端末は、「疲れ目になりにくい工夫」が施されているものです。

だからこそ、「電子書籍を読んでみたが予想以上に疲れ目は感じない」という意見が増えています。

ブルーライト・ディスプレイの明るさ・ディスプレイの映り込みと具体的にはこのあたりが目の疲れを感じる要因と言われていますが、実はこのどれもが端末で調整できるようになっていますので、実質的に紙の本と変わらなくなっているわけです。

電子書籍を購入してReaderやパソコンで読むことがおすすめ。

f:id:yunayunatan:20190215142557j:plain

このように、実は電子書籍と紙の本は、直接視力に影響を及ぼすことはないとデータで発表されています。

さらに、最近は多くの優れたReaderなども販売されていて、紙の本とほとんど変わらない読み心地のものも。

ページをめくるときに一瞬画面の色が反転するが、慣れれば気にならない程度で、目に負担がありません。

むしろ、文字を大きくできるので、老眼の人には最適ともいわれています。

老眼だから読みにくいのでは?目が疲れるのでは?と思いがちですが、今は紙の本とそう変わらないように設定できますし、実際にデータで変わらないという研究結果も出ていますので、心配する必要はなさそうですね。

まとめ 電子書籍と紙の本とは目の疲れは同程度!ブラウザで電子書籍を試して見るなら。

f:id:yunayunatan:20190208092903j:plain

【今回のポイント】

● 文字サイズや行間の調整、端末選びをして、適切な環境を保てば、電子書籍はむしろ目に優しい端末に!

● 目の疲れが視力低下に直接繋がるわけではない。ブラウザで電子書籍をまずは試し読みをしてみよう

● 紙の本と電子書籍は目の疲労度は実は変わらない。

今回はこのようなことがデータから分かります。

電子書籍は目に疲れるのでは?目が悪くなるのでは?老眼なんだけど?と思っている方もいると思いますが、実はそういったことはないってこと。

また、最近では、より便利な端末が出てきていますので、文字サイズを調整したり、明るさ調節が出来るので、紙の本よりも目に良いかもしれません。

迷っている方は安心して電子書籍ライフを楽しみましょう!そこで試し読みをするなら最適な電子書籍ストアをご紹介します。

ブック放題

雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!雑誌170誌以上、マンガ20,000冊以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】は、ソフトバンクの提供する、漫画が20000冊以上、月額500円で読むことができるサービスです。

さらに、今なら1ヶ月無料!となっています。

無料期間に解約すれば、なんと無料で利用出来ますので、合法的に、安全に読み放題で楽しむことができますよ。

るるぶが100冊以上読み放題となっていて、ムックや別冊も、毎月20冊以上配信しています。

月額500円(税抜)で雑誌やマンガ、さらに「るるぶ」が月500円で読み放題!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】をチェックしてみてください!

eBookJapan

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

eBookJapanは、取扱書籍の中でも、特にマンガのジャンルが強く、人気漫画の無料読みなどのサービスもあります。

そして、まとめ買いがとにかくお得でセールがたびたび開催されていて圧倒的にお得になります。

初回登録で300円のクーポンをもらうことができます!

U-NEXT

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

動画のイメージが強いU-NEXTですが、31日間無料トライアルがあります。

見放題作品限定で、31日間無料で視聴可能となっていて、一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
ただし、最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

また、無料トライアルでは、600円分のポイントプレゼントとなっています。DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能となっています。

そして、追加料金なしで70誌以上の雑誌が読み放題です。

いかがでしたでしょうか。電子書籍は目に悪くないので、最適なリーダーを購入してみたり、あるいは、パソコンの設定を工夫してぜひ試してみてくださいね。